ビルピット清掃
  1. HOME >
  2. ビルピット清掃

ビルピット清掃(汚水槽・雑排水槽等)とは

建物の地下のように、公共下水道より低い位置に設けられた水まわりの設備(流しやトイレなど)からの排水は、自然流下によって排除できません。そのため、 一旦建物の最深部に設けられた槽に集められ、排水ポンプによって公共下水道に排除する構造になっており、この槽のことをビルピット(排水槽) といいます。排水槽には雑排水槽や汚水槽、合併槽、湧水槽等があります。

建築物内の排水設備の不備や排水管理の不適正は、衛生害虫や悪臭などが発生する原因となり、建築物内及びその周辺の環境衛生を著しく悪化させる大きな要因となっています。
そこで排水に関する基準として排水設備の清掃(6ヶ月以内ごとに1回)を行うことが推奨されています。
当社のビルピット清掃は、このビルピット内に溜まった汚泥、汚物の汲み取り清掃や洗浄、保守管理を行うサービスです。

ビルピットの構造

商業ビルやテナントビルの地下にある厨房やトイレ等は、下水道管より低い位置にあるため、自然流下で排水できません。
そのため、地下部分で発生した排水をポンプでくみ上げて下水道に排除しています。このとき、一時的に排水を溜めておく水槽を「ビルピット」といいます。

東京都下水道局総務部広報サービス課様より画像提供

ビルピットの悪臭概念図

ビルピット内で汚水は徐々に腐敗して、硫化水素が発生します。硫化水素はビルピット内では排水中に溶けていますが、排水ポンプによって公共下水道に排出されるときに気体化して、道路上の雨水ますなどから悪臭を周辺に放ちます。
これがビルピット臭気のメカニズムです。

< ビルピット臭気の特徴 >
・臭いの原因は硫化水素で、いわゆる"卵の腐った臭い"がします。
・道路上の雨水ますやマンホールの穴から臭いがします。

東京都下水道局総務部広報サービス課様より画像提供

清掃前
清掃中
槽内に入り、壁面・ポンプ等をブラシ等で洗浄し、バキュームで吸引します。
清掃後
槽内に水を張り、ポンプ作動のチェックを行います。

Before → After

合併層清掃

Before → After Before → After

汚水槽清掃

Before → After Before → After Before → After

対応エリア

対応中!! 1都3県
※東京都、千葉県、神奈川県方面へのご依頼も承っております。お気軽にご相談ください。
会社案内

有限会社丸一衛生興業

〒157-0062 
東京都世田谷区南烏山5-4-10
tel:03-3308-2091
fax:03-3308-2092

対応エリア

東京都23 区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区 )青梅市、清瀬市、福生市、羽村市、東村山市、武蔵村山市、八王子市、東久留米市、東大和市、昭島市、国分寺市、小金井市、小平市、立川市、多摩市、西東京市、日野市、府中市、三鷹市、武蔵野市、国立市、神奈川県、埼玉県、千葉県、山梨県

PAGE TOP